素材に使われている

外気と内気の入れ替えを行い取り込むには必要不可欠なサッシですが、たくさんの種類が素材に使用されています。素材によって期待する効果は異なるため、目的に合わせて選ぶことで満足いく施工となるので、慎重に見極める必要があります。これまでサッシというとアルミが一般的でしたが、住宅様式の変化やアルミが高騰した事により、近年は使用が減少しています。木造建築から洋風建築に変化した事により、サッシも樹脂を用いた商品が増え、断熱や遮熱も高い効果を得られます。一方でアルミは年々厚みが無くなり、今ではステンレス素材の方が頻繁に使われるようになっているため、アルミ需要の減少とサッシ素材の変化により大幅に変化しています。

地球温暖化の進行により、日本の気候は大きく変化しているため、各シーズンに合わせた対策が必要になっています。その対策の一つがサッシであり、既存のサッシと取り替える事で、生活環境は大幅に変化する事が分かっています。今後日本の気候は更に上がると考えられ、現在は夏でも涼しい北海道ですが、これから次第に真夏日が増えていくと予測されます。そのため暑さとは無縁だった地域にも対策が必要になっており、暑さと寒さ両方に対応できるサッシの開発が期待されています。サッシは年数が経過すると劣化や腐食が進行する傾向がありますが、長期間メンテナンスが不要で劣化しにくい、経済的負担を軽減してくれるサッシの開発も注目されています。